「起業家になりたい!」の夢を叶える方法とは?

「起業家になりたい!」の夢を叶える方法とは? 起業
「起業家になりたい!」の夢を叶える方法とは?

この記事でわかるポイント

  • 起業家になるためのヒントが見つかる

  • えっ !? 1円でも起業家になれちゃうの ?

  • 手っ取り早く起業家になるにはアイデアが必要不可欠

最近では、社会や身近な場所でも、バッシングがずいぶんと増えてきたように感じます。SNSでも、何ともなしに発言してしまった一言が、大きく炎上してしまうことも少なくありません。

しかし、時代が変わっても、夢をもつのは誰でも自由、開業医になりたい・花屋になりたい・食べ物屋さんを経営したい、といった夢はまさに起業家になる為の始まりでもあります。

現実では、起業家になることを難しくとらえる方もいらっしゃいますが、起業すること自体はさほど難しいことではないのです。

起業家の定義となるもの

法人の事業主であれ、個人事業主であれ、会社を立ち上げたなら、それはもう一つの企業と言えるものです。

起業家とは、自らが事業を興すもののことを指すもので、どの職種に限らず事業として会社を興せば、すでに起業家ということです。

よく似た言葉に、実業家・事業家・企業家などといった単語がありますが、同じ経営者でありながら、そのニュアンスは多少異なってきます。

まず実業家ですが、農工商水つまり、農業/工業/商業/水産など、生産や流通および販売に関する事業のことを指します。

また企業家とは、会社の創設者や経営者のことを指すものですが、ニュアンス的には新たな技術などを用いて、新たな生産方式や商品づくりを行う人物、あるいは組織や経営の改善など、創造的な面を持ち合わせた意味で使われます。

企業家と起業家はよく似ていますが、起業家は企業を設立した人物というよりも、新たに事業を起こして運営するといった要素で使われています。

また、昨今芸能ニュースなどでも、有名芸能人が青年実業家と結ばれるといったパターンがよくあります。

実際に、一流企業の実業家もいますが、必ずしもそうとは限らないようです。例えば、投機などを行っている人物に対しては、正確には企業家ではなく虚業家である事も多いのです。

このように、同じ起業家であっても、その内情は実に様々なものです。ただし、どのような呼び方であれ、会社の経営者であることは間違いありません。

このように、多様性を見せている昨今、高度成長期には一億総労働者の力により、経済的にも先進国となったわが国は、もはや起業はマイノリティーではなく、誰しもが起業家を目指すことのできる時代となってきたと言えるでしょう。

1円起業制度の実情と現実的な価値観

起業家を志す方なら、「1円起業制度」があることをご存じのことでしょう。

この1円起業制度が導入されたのは、2006年に改正された新規会社法の施行によるもので、それまの商法では有限会社で資本金300万円、株式会社の場合は1,000万円の資本金が最低限必要なったものです。

改正されたのは、ほんの10数年前でしたが、実質的に会社設立のハードルはかなり高いものでした。しかし、2002年に中小企業挑戦支援法が、国会で可決されたことから、1円起業が可能になったといった経緯があります。

この、1円起業制度により、従来まで敷居の高かった会社の設立が、現実問題として誰でも簡単に会社をつくる事が可能になったわけです。

しかし、実際に1円で起業できるわけではありません。なぜなら、登録にかかる印紙や税金、そのほかの諸費用などに30万円近くかかってしまうからです。

とはいえ、この1円起業制度は、実質的には資本金1円での、株式会社設立が可能となりました。株式会社と聞こえは良いのですが、現状ではどのくらいの信用度があるのでしょう。

残念ながら、1円株式会社では、信用度に格段の差が出てしまいます。実際に、銀行融資を受けられなかったといった話はよく聞きますし、取引先などから本気度が低いのではないか、と認識されてしまいかねないからです。

ただ、業種によっては、取り引きする相手にあまりこだわらない、といったタイプの業種も存在します。初期費用があまりかかりませんので、その分開店資金に運用することができ、余裕のあるスタートが切れるのはメリットでしょう。

また、どちらにせよ、創業当時は信用度が低くみられがちなので、どうせならといった感じで挑戦してみるのもよいかもしれません。

個人事業主であれば、申請するだけで諸費用はほとんどかかりませんので、単に費用をかけたくなければ、個人事業主という手だても参考になります。

起業する際の会社設立に必要となる資本金の重要性

10数年前から、1円起業制度の導入により、以前よりも随分と株式会社などの設立が非常に簡単となりました。

よくインターネットなどで、企業のホームページに会社情報といったものを目にする事があります。

この中で、会社名と並んで資本金なるものが記載されていますが、資本金とはいったいどういうものなのでしょう。

この資本金とは、会社にとって開業資金にあたるものです。開業資金は、事業を始めるにあたり、最重要となるもので、初期費用や運用資金など、会社が軌道に乗る為には必要不可欠なものです。

例えば一例を挙げてみると、持ち帰りのお弁当屋さんの場合、店舗の確保やフライや電子レンジなどの厨房用品、レジや照明器具/空調など様々なものが起業に必要となってきます。

つまり、こうした仕事を始めるにあたり、環境を整える為に必要な資金も資本金に含まれるわけです。

総務省の統計調査には、株式会社の資本金の平均額はおおよそで、300万円程度とされています。

ほとんどの場合、起業したてで売り上げが存在しているいう例はごくまれです。普通は、開業すると営業を行い、取引先が決まったら、サービスや納品を行うことにより、初めて売り上げが発生するものです。

しかし、サービスや商品の納入により、即座に現金を入手できることはまれで、通常は売掛金として数カ月後に振り込まれるものです。

つまり資本金は、売上金がなくとも、運営を継続できる資金でもあるのです。また、信用面において、融資を受けやすくなったり、スムーズな取り引きや従業員の採用面など、社会的な信用を得られるツールの一つでもあります。

同じ株式会社でも、事業形態や業界などによって異なってきますが、この資本金の存在は、このような意味合いのあるものです。

起業するにあたり準備しておきたいポイント

会社を興すにあたり、場所と人材は確保したから何とかなるさ、などと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

よく、「他人のふんどしで相撲を取る」と言いますが、会社経営の場合はこれに当てはまりません。なぜなら、企業の経営者たるもの、自らが率先して陣頭指揮に当たらなければならないからです。

また、他人の心が読めないように、自分の気持ちが何も言わないで、従業員たちに伝わるとは限らないからです。

そこで、起業するにあたり、準備しておきたいポイントとして、いくつかの項目を挙げてみましょう。起業後に、真っ先に行わなければならないことに、企業のPRがあります。

まずは、会社の商品やサービスを知ってもらわなければ、だれも手を伸ばそうとはしません。その為、起業にあたり、広く知ってもらう為の広報活動を行うと共に、必要となるものを用意しておきます。

  • 企業のロゴマーク
  • 名刺
  • 企業のホームページ
  • あいさつ状
  • 会社概要パンフレット
  • 営業資料 

最近では、インターネットの普及もあり、どこでもスマートフォンさえあれば、インターネットの検索が可能となりました。

名刺は営業に使うだけではなく、企業と個人をアピールするものとして使われますが、あくまでも応対する人物にのみ有効な手立てです。

しかし、インターネットを利用し、企業のホームページを作成する事により、不特定多数の閲覧者に対してアピールすることが可能となります。

特に、すべての会社の情報を記載することができますので、非常にわかりやすく、求人などにも応用することが可能です。

また、起業するにあたり重要なものが、帳簿付けいわゆる経営管理です。ずさんな管理を行っていれば、取引先の信用を失いかねませんので、優先的に準備しておきましょう。

起業するのに年齢は関係ある ?

起業したいとお考えの方の中に、年齢が少し行ってるからなどと、二の足を踏まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、身内や親せきの中で、学生の身でありながら、起業すると息巻いて資金を貸してくれなどと、困らせてくる人物もいるかもしれません。

確かに、若すぎたり、年齢を取り過ぎている場合、起業に二の足を踏む方も多く、年齢は全く関係ないと否定できない部分はあります。

確かに、起業を行う上で、年齢も重要なポイントとなってきますが、基本的には年齢に関係なく、どなたでも起業することができます。

一例ではありますが、1993年とその20年後の2013年で、起業家の平均年齢を見てみますと30代から40代が最も多く、平均年齢自体は変わりありませんが、若年層の起業が減少して高齢者の起業が増加の傾向にあります。

一つの要因として、日本人の平均寿命が上がったことと、健康的な高齢者がずいぶんと増えてきたことから、こうした傾向になったと予想されます。

実際に、昭和中期までは、60歳といえば杖をついたお年寄りといった印象でしたが、今の60代はまだまだ働き盛りで、平均寿命が80歳を超えた今、まだまだもう一花咲かせるといった方も随分と増えてきました。

実際に、50代や60代以上を対象としたカルチャーも盛んで、仕事を定年した後でも趣味を生かした、ライフワークを送っている方も少なくありません。

ここで気になるのが、年齢を重ねると起業の成功率が低くなるのかといった問題です。実際には、年を召しているからと言って、成否にはまったくかかわり合いがありません。

むしろ、熟練した長年の経験を生かしたスキルが、成功の要因となっているケースも少なくありません。

・専業主婦でも起業してみたいと夢見る

一昔前までのように、女性が家庭に入るという事に対して、あまり固執しなくなってきましたが、女性の社会進出はまだまだ進んではいません。

最近では、産休や育児休暇/職場復帰と、女性に対してずいぶんと寛容になったように見えますが、あくまでも一部の企業であり、全体的に見てみるとごく少数派であることがわかります。

多くの女性の場合、せっかく専門学校や大学でスキルを磨いても、就職して数年後に寿退社をする方が多く、産休や育児休暇を利用したとしても、その後の子育てを考えると、やはりそれまでと同様の仕事ぶりは期待できません。

また、子育てが終了した年齢に達しても、それまでに身に着けていたスキルが、風化しているといった現実があります。

しかし、スタイルによっては、主婦でも起業は可能で、家にいる時間を有効活用して稼ぐことは可能なのです。

実際に、様々なブログを拝見してみると、規模の大きさにかかわらず、女性起業家として活躍している方は意外に多く、主婦と2足のわらじを履いているといった方も少なくありません。

日本の現状は、まだまだデフレ状況が収まったとは言えず、夫の給与は低く抑えられたままです。パートに出るといった手立てもありますが、人付き合いが苦手/家事や育児の時間がなくなる/夫の理解が得られない、といったマイナス点も否定できません。

そこで、最近ではネットを活用した、起業主婦も随分と増えてきました。インターネットを活用したビジネスとして、フリーマーケット/メルカリ/プロガー/Uチューバー/並行輸入販売など、様々なビジネスチャンスがあります。

まずは、副業として始めてみて、軌道に乗ったら個人事業主として行うのも、人生の選択肢の一つなのです。

まとめ

起業には興味があるといった方は、意外に多いのではないでしょうか。しかし、起業家になる為には、かなり敷居が高いとお考えの方は、アイディア一つで起業が可能だと早く気付くべきです。

諸費用はかかりますが、資本金が1円でも起業家になれますので、チャンスがあれば、ぜひ起業に挑んでみてはいかがでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました