起業家のための無料宣伝ツール「Twitter活用術」を解説

起業家のための無料宣伝ツール「Twitter活用術」を解説 起業
起業家のための無料宣伝ツール「Twitter活用術」を解説

この記事でわかるポイント

  • 起業家としてTwitterの特徴をよく理解しておこう

  • ビジネスに活用できるTwitterの可能性

  • Twitterを利用するうえでマナーは必須条件

インターネット全盛気ともいえる現代は、一昔前までは考えられないほど、コミュニケーション力が豊かになってきました。その代表ともいえるものが、ソーシャル・ネットワーキング・サービスです。

一般的にSNSと呼ぶこのサービスは、コミュニケーションツールとして、人と人そして人と社会を結び付ける、重要な位置づけであることは間違いありません。こうしたSNSは、個人が積極的に社会へとアピールする、情報発信のツールの一つとして手軽に利用できるようになってきました。

TwitterもそうしたSNSの一つで、ビジネスの現場でも活用するようになっています。これから起業をお考えの方であれば、こうしたSNSの活用は必要不可欠なものとなってきます。

今回は、そんなTwitterに焦点を合わせ、どのような特徴があるのか、そしてビジネスに活用したモデルケースなどをご紹介していきましょう。

Twitterとは

Twitterは、アメリカのカリフォルニア州にある、Twitter社が提供する情報サービスの一つです。一般的にSNSと呼ばれるこのサービスは、独自のツイート機能があることで知られています。

ツイートとは、半角280文字以内、全角で140字以内で表現するテキストの事で、そうした文字以外にも画像や動画、URLなどの投稿もできるようになっています。

サービス名となったTwitterは、「さえずり/興奮/無駄話/なじる人」などの意味を持ち、ツイートには小鳥のさえずりといった意味を持ちます。

Twitterでは、投稿に対してツイートするといますが、日本ではつぶやくなどともいわれ、こちらもすでに一般化しています。

日本では、TwitterがSNSと認知されていますが、実は育ての親であるTwitterはこれを否定しています。Twitter社は公式な見解で、TwitterはSNSなどではなく、社会的な要素を備えたコミュニケーションネットワークと規定しているようです。

また、インタレストネットワーキングサービスとも伝わっています。確かに、ほかのSNSに見られるような、親密なコミュニケーションツールとしては、一線を画しているのは事実です。

ともあれ、Twitter人気は2016年まではうなぎ登りで、全世界で3億1,300万人にも達しました。しかし、その後の人気は伸び悩み、2019年度のTwitterユーザー数は、3億3,000万人でしかありません。

Twitterの機能とその特徴

Twitterは、ガラゲーやスマートフォンを始め、モバイルやスマートフォンなどでも利用可能で、まずは自信のアカウントの作成から始めます。

設定は、公式サイトの設定ページから行いますが、登録にはメールアドレスとパスワードが必要で、ガラゲーには一部機能の制限もあります。

アカウント作成時には、自分のユーザー名とプロフィールを登録する事になります。ユーザー名は、スクリーンネームと呼ばれるもので、TwitterでのIDのラベルとなるものです。

TwitterやほかのSNSも同様、実名ではなく愛称などをユーザー名に用いることが多く、半角英数字とアンダースコアのみで、最大15文字以内で登録する事ができます。

ユーザー名は非常に大切なもので、システムで個別に管理されている為、同一のユーザー名が混在することはありません。ユーザー名は、後でも変更可能ですが、分かりやすく区別するため、ユーザー名には@が先頭に付加されています。

Twitter機能の一つとして、ツイート履歴やプロフィールを掲載する、自身のWebページが割り当てられています。プロフィールは、自己紹介情報の事で、名前/プロフィール画像/バナー画像/自己紹介/Webサイト/場所/誕生日などが設定できます。

プロフィール画像は必ずしも、自身の画像を掲載する必要はありません。よく見かけるのは、ご自分が飼っているペットなどの写真やアニメなどの画像です。タレントなどの画像は、肖像権などの問題がある為、プロフィール画像には向いていません。

こうしたプロフィール情報は、必須項目と任意の項目があり、最低限必須項目さえ記載しておけば、アカウントの作成を行うことが可能です。また、Twitterの低年齢者の使用問題などもあり、現在では13歳未満の方は制限により、アカウントの作成を行うことはできません。

Twitterの機能には、プロテクト機能が設けられています。プロテクトとは、非公開を意味していますが、自身の投稿を本人とフォロワーに限定したい場合、この機能を用います。

プロテクトがかけられたアカウントは非公開となり、フォロワーでは無い投稿には、コメントをしても表示されることはありません。したがって、こうしたプロテクトユーザーの投稿を読むためには、フォローを申請し、許可を受ける必要があります。

投稿者のテキストは、一般的にツイートと呼ばれます。もともと文字制限はありませんでしたが、現在140字以内の文章と定められています。このツイートに対して、他のユーザーの投稿を再投稿することをリツイートといいます。

自身のフォロワーに、そのツイートを見せることができる機能で、例えば重要な情報などを拡散する場合に利用されています。また、Twitterの特殊な機能として、リプライ機能があります。リプライとは、本人あてのメール機能のようなもので、「@ユーザー名の書式」で投稿することにより、対象のユーザー宛の返信扱いとなるものです。

ただし、ダイレクトメッセージとは異なり、プライベート性はかなり低いとされています。Twitterの特徴は、リツイートやいいねをもらうことにより、人気Twitterとして認知度が上がるところです。

フォローは、いわば自分を応援してくれるもので、フォロワーは自分を応援してくれるユーザーのことを指しています。フォロワーの数が多ければ多いほど、人気Twitterとして認知され有名になっていきます。

ほかにも、数えきれないほどの機能がありますので、詳しく知りたい方は公式Twitterのサイトをご参照ください。また、最低限知っておきたいTwitterの機能と用語を、改めてこちらに整理しておきます。

『ツイート』

「つぶやく」とも呼ばれ、Twitterの基本となる文章の投稿を行うことです。

『フォロー』

任意のユーザーを自身のアカウントに登録する機能で、フォローすることにより、フォローしたユーザーのツイートをいつでも見ることができます。

『フォロワー』

自身を登録してくれるユーザーの事で、Twitterにおいては、人気のバロメーターとして認知されています。

『タイムライン』

自身のツイート表示画面の事で、ご自分のツイート及び、フォローしている人のツイートが表示されます。

『リプライ』

ほかのユーザーが投稿したツイートに対して、返事を行うことを意味します。

『リツイート』

ほかのユーザーが投稿したツイートに対して、再投稿を行うことを指しています。リツイートは、いわゆる拡散させる目的で、そのツイートを気に入ったフォロワーが、さらにリツイートすることにより、ツイートそのものが情報として広まっていくことになります。

公式TwitterのサイトURL: https://twitter.com/

参照 URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/Twitter#%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88%E9%96%A2%E9%80%A3

Twitterのメリットとデメリットとは

情報のプラットホームとして、そして手軽なコミュニケーションツールとして、Twitterは多くのユーザーに高い支持を得ています。

しかし、昨今のニュースをにぎわしたように、Twitterを起因とした誹謗中傷は後を絶たず、社会的にも問題提議されていることは周知の事実です。そこで、Twitterを正しく使いこなしていく為にも、マナーを含めるメリットとデメリットを検証してみましょう。

【Twitterのメリット】

『ぎっしり詰まった情報の宝庫』

Twitterでのつぶやきやツイートは、常にリアルタイムでの流れを基本としています。様々な範囲にわたるこれらの情報は、更なる情報の宝庫ともなるものです。というのも、興味のあるツイートに対して、アカウントをフォローすることにより、さらに知りたい情報が、自分のタイムラインに表示されるようになるからです。

『ビジネス的なブランディングに活用可能』

ブランディングとは、共感や信頼などを通じて、ブランドに対する価値を高めていくものです。突き詰めていけば、自分の仕事ぶりをアピールすることで、共感や信頼を得る事ができれば、自身の価値を高めていくことにつながります。個人事業主や自営業の方であれば、このような戦略的な使い方も可能となります。

『価値観や趣味を共有できる』

Twitterの場合、フォローするまたは、されることにより、一定の絆づくりを作り出すことができます。またTwitterの検索機能を利用することによって、趣味が合う人を簡単に見つけることができます。コミュニケーションツールとはよく言ったもので、実際に友人や仕事仲間を作っていくことも可能です。

『気になる有名人の情報を早く入手できる』

懇意にしているタレントなど、やはり有名人の情報は、何をさておいても気になるものです。有名人の多くは、Twitterを利用していることも多く、情報の発信源としてのツイートもよく見かけられます。こうした有名人に対し、コメントをリプライしたりできますので、より身近にその存在を感じる事ができます。

『緊急連絡手段として活用できる』

Twitterは、リアルタイムでのツイートが行われますので、緊急情報を一早く知ることができます。また、災害時などには、携帯電話は会話やメールが非常につながりにくくなってしまいます。しかし、Twitterを利用することにより、リアルタイムでの連絡の取り合いも可能です。

【Twitterのデメリット】

『文字数に制限がある』

1回のツイートで投稿できる文字数は、140文字と決められているため、どうしても伝えたいことに制限が出てきます。もちろん、何度かに分けて、ツイートすることもできますが、かえって読みづらくなってしまうこともあります。

『ツイートやリプライの書き込み内容は慎重に』

昨今SNSで、話題となっているひぼう中傷ですが、罪のない人たちが傷つけられ、大きな社会問題となっています。悪意がなく、何気ないつもりでツイートやリプライを行う人もいますが、投稿内容によっては相手を傷つけてしまう恐れもあります。気軽な投稿はTwitterの売りですが、内容をよく見て、失言していないのかよく確認して同行するのが、Twitterユーザーのマナーです。

『情報にはデマが混在していることもある』

こちらも、ニュースなどでも話題になりましたが、関係のない第3者の画像を流し、犯人扱いにしたケース、または新型コロナウイルス関連のデマなど、一度拡散してしまうと収拾がつかないことがあります。情報の出先には十分に気を配り、すべての情報をうのみにしないように気をつける必要があります。

Twitterビジネスの可能性

数あるSNSの中でも、Twitterの人気は日本でも定着しつつあります。コミュニケーションツールとして、話題の発信や友人作り、また災害時のライフラインとしての利用も手軽に行えることから、今や重要なインフラの一つとしてTwitterの存在は欠かすことはできません。

今やビジネス活用も、Twitterでは当たり前のことになっているほどで、様々なメーカーのプロモーションも、よく見かけるのではないでしょうか。

しかし、Twitterには、更なるビジネスの可能性が期待されています。Twitterでは、広告や店頭などで、気になる商品を見かけたら、すぐに検索できる機能があります。こうした流れは、口コミや商品情報を検索し、自分が欲しいものなのかを確認してから購入します。

さらに、商品の購入後には、使用感や食べた感想などをSNS上でシェアするという流れを呼び、ほかのユーザーが見て更なる購買意欲をかき立てるものです。これから起業をお考えの方であれば、Twitterの存在は、大きなビジネスチャンスに結び付く可能性があります。

これまでは、GoogleやYahoo!で見るように、ブラウザの検索エンジンを利用することが一般的でした。しかし、Twitterで検索することにより、ユーザーたちの生の声を聞くことができることから、Twitterでの検索も増えてきています。

Twitterの場合、口コミのように偏った意見は少なく、ユーザーたちによる様々な視点の意見、または本音を拾える機会となっています。

Twitter上での会話により、情報が広まることもあり、商品を購入しようか検討している方にとってTwitterは、有益な情報を得られる場になっているのも事実です。

幅広い年齢層に支持されているTwitterの存在と、商品購入前の情報収集に利用されている事実は、大いなるビジネスの可能性を秘めているものです。

過去には、実際にTwitterのビジネスモデルになったケースもあります。では、その実例ともいえる、Twitterを利用した運用事例をご紹介しましょう。起業する際には、きっと役立つはずです。

これは、とあるIT関連の企業の例ですが、この会社は2013年にTwitterアカウントを開設していたのですが、当時はオーガニック投稿及び、プロモツイートの活用のみでした。それまでは、特にフォロワーを獲得する施策を、大々的に打ち出していたわけではありません。

きっかけは、Twitter Japanが実施した「クリスマスボックス」というイベントの一つでした。これは、いわゆるTwitter Japan企画のキャンペーンで、対象アカウントをフォローし、ツイートをリツイートすることによって、抽選でクリスマスプレゼントが当たるという企画でした。

これを知ったIT関連の企業は、参加することを決定し、この期間これまで4万人足らずであったフォロワーが、驚くことに20万人にまで急増しました。

この結果を踏まえ、このクリスマスボックスイベント終了後も、さらに引き続きプレゼントキャンペーンを続けた結果、ユーザーのリピート率も非常に高くなることがわかりました。

これにより、能動的にフォロワーを獲得する施策に転換することになります。Twitter活用の強化により、利用者の声が拾いやすく、マス広告の反応がすぐにわかるようになりました。

フォロワーの獲得は、自社商品の認知度につながりやすく、Twitterならではの季節に合わせた商品選定を行うことにより、より興味を引くことができます。

このように、Twitterビジネスの可能性の一つとして、Twitterのインフラ化で大成功した例と言えるでしょう。一時的なプロモーションうよりも、日々の運用でフォロワーを増やし、中長期的な効果を見込むというのも、ビジネス戦略として十分に効果のある手法です。

参照 URL: https://ferret-plus.com/7709

Twitterを使った集客術

Twitterを使ったビジネス手段として、「Twitter集客」が真っ先に挙げられます。簡単に言えば、Twitter集客は、Twitterを使って自社のホームページあるいは、該当サイトに誘導する事を目的とするものです。

このTwitter集客の難しさは、ただ単に自社サイトのURLや記事をツイートするだけでは、あまり効果は薄いという点です。実際に、個人事業主から大手の会社まで、こうしたTwitter集客をよく見かけます。Twitterだけではなく、ほかのSNSでも集客の努力はしているのですが、結果がなかなか売り上げに結び付いてこない、というのが現状のようです。

実のところ、Twitterを使った集客術には、ある法則やそれなりのテクニックが必要なのです。つまり、ただ単に、フォロワーを増やすだけでは、会社の集客や売り上げにはつながらないということです。では、Twitterを使った、効果的な集客術とはどのようなものなのでしょうか。

それを知るためにも、まずはTwitterを使ったビジネスで、どのようなメリットが得られるのかをご紹介しておきましょう。Twitterを使った、ビジネス関連のメリットは以下の通りです。

【ビジネスにおけるTwitterのメリット】

『価値観の合う客層を見つけやすい』

Twitterを利用する事により、価値観の共通する人を見つけやすい事は、ユーザーであればだれでもご存じのことでしょう。

例えば、具体的な趣味など、Twitterの検索機能を使えば、すぐに同好の士を見つける出す事はたやすいこと。これをビジネスに当てはめれば、ターゲットになる客層も、探しやすいということになります。

Twitterのグルーピング機能の中には、ハッシュタグやトレンド/リストなど、独自の検索機能を利用することができます。

『ブログよりも手軽に発言できる』

ブログの場合、ある出来事やテーマを基本に、投稿することになります。しかし、ネタ切れやマンネリ化することもあり、内容のないブログはすぐに飽きられてしまいます。

Twitterは、短い文章をごく簡単にツイートするだけで済みますので、キーワードさえ押さえておけば、ストレスを感じる事もありません。

『情報収集の利便性が高い』

Twitterの特徴は、様々なジャンルにおいて、ツイートがリアルタイムで流れて来る事にあります。情報をいち早く集めるツールとしては最適で、ワード検索するだけでも、関連ツイートをまとめて閲覧することができます。

例えば、気になるジャンルの発言を頻繁にしているユーザーがいます。こうした人をフォローすることにより、自分のタイムライン上で効率よくチェックできますので、傾向や好みなどをヒントとすることができます。

『集客力アップに繋がる』

ツイートしたからと言って、それがすべてのユーザーに届くわけではありません。ここを勘違いすると、ビジネスにはつながらないどころか、みてももらえません。

Twitterの良さは、フォロワーへツイートを拡散しつつ、リツイートされれば、さらにフォロワーのフォロワーへとその輪が広がって行くところです。この仕組みをうまく理解しておけば、インフルエンサーは、自分の運営するブログやサイトに、Twitterから集客を行ってアクセス数を増やしていけます。

『即効性に期待できる』

Twitterの最大の利点は、リアルタイムでの情報発信が可能で、素早くユーザーへの情報公開ができるという点です。Twitterは、アクティブなユーザーたちが多く、まるで雛鳥のように興味のある話題をついばんでくれます。

ビジネスにおいては、最大の武器であり、最新コンテンツをいち早く届けることにより、即効性のある効果に期待できます。

『個人のブランド力が高まる』

Twitterをビジネスで活用する為には、類似する内容をただ垂れ流すだけでは、興味を示してもらえません。ユーザーたちに、コンテンツを選んでもらう為にも、独自性が感じられるブランド力が必要となってきます。

専門分野の知識やツイート、最新情報や近況報告などを定期的にツイートすることによって、必ずファンは増えていきます。一目置かれるようになれば、読者へ変化をもたらし、価値を提供できる存在になることもできます。

また、その道の専門家とみなされることにより、リプライなどで仕事の依頼が来ることも予想されます。

『読者の反応が早く刺激になる』

ある意味ツイートすることは、我慢の連続とも言えます。当初は、ツイートしていても反応は薄いのですが、発信し続けることにより、何かしらの興味を与えます。リアルタイムでのコメントやメッセージは、読者の反応が早く刺激になるものです。

もちろん、そうした内容が、すべて好意的なものではありませんが、反応が返ってくるという事は、それだけTwitterで、ユーザーの行動に影響を与えたという証にもなります。

まとめ

いかがでしたか ? Twitterを使った集客術のキーワードは、「価値のあるツイート」です。Twitterは、手軽に情報発信できるコミュニケーションツールですが、ユーザーたちに興味を持ってもらわなければ何も意味をなしません。

ビジネスのヒントは、隠れたところに存在するものです。ユーザーを飽きさせないためにも、効果的な活用を実施していきましょう。

特にこれから、起業をお考えの方であれば、高い宣伝費をかけずに、事業を展開できることは大きな強みになるはずです。

企業によっては、Twitter専門の部署を設けているほどで、その可能性は無限大に広がっていると言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました