TikTokはビジネスの場面でも活用可能【経営者必見!】

TikTokはビジネスの場面でも活用可能【経営者必見!】 起業
TikTokはビジネスの場面でも活用可能【経営者必見!】

この記事でわかるポイント

  • いま評判のTikTokのことがよく分かる

  • TikTokはビジネスとして利用可能だった

  • 起業家ならTikTokによるビジネス基礎知識を理解しておこう

現在のトレンドとして、注目されているTikTokですが、アメリカの大統領が名指しで批判したのも、ニュースでご覧になったことがあるのではないでしょうか。

にわかに脚光を浴びたTikTokですが、今もなおTikTokとは何のことであるのか、起業家の方でもご存じない方もいらっしゃいます。そこで、今話題のTikTokに焦点を合わせ、TikTokがどのようなものであるのか、そのサービスの仕組みと利用方法に関してご紹介していきます。

また、TikTokを利用したビジネスも、注目されていることから、起業家が注目するTikTokビジネスについても、詳しく解説していきます。

TikTokとは

TikTokとは

TikTokとは

TikTokは、中国のByteDance社が、開発及び運営しているモバイル向けのサービスの事です。モバイルとは、IT分野で情報機器や通信機器など、野外でも利用可能な携帯電話やポータブルのモバイル機器のことです。

ByteDance社のサービスは、TikTokによるショートビデオプラットフォームの提供が主なサービスで、いわゆる動画サイトの一つとして知られています。

TikTokは、スマートフォンなどの携帯電話で、簡単にダウンロードできるアプリの一つです。アプリの機能としては、音楽クリップの視聴が行えるほか、短い動画クリップの撮影および編集が、どなたでも手軽にできるところが受けています。

さらに追加効果として、動画クリップへの特殊効果、BGMも簡単にリストから選択できるため、若年層に受けているのも、こうした機能が手軽に扱えることにあります。例えば、ご自分で撮影した動画をBGMに合わせて編集したり、それをTikTok上で公開する事も可能です。

そうした動画を、端末内に保存することも可能で、パソコンにも保存することができます。いわゆる、TikTokは簡単な動画編集ソフトであり、誰でもアーティストになれる ! その手軽さが、利用者に受け入れられている最大の理由です。

動画をデータとして共有できる為、アプリがリリースされていないパソコンなどでも利用可能です。ただし現在のところ、パソコン専用アプリではありませんので、携帯電話のアプリのように、動画編集機能はありません。TikTokは、無料で提供されている動画アプリの一種です。ダウンロードは簡単で、アプリを開いたらすぐに動画が再生されます。

操作性もかなりよく、次の動画に行くには上にスワイプ、戻るには下にスワイプすることで次々と動画を見ることができます。

また、面右にある赤い「+」ボタンを押すか、左にスワイプすると表示されるアカウント詳細画面で、フォローが可能となっています。機能の一つとして、動画のダウンロードが可能なのも、TikTokの特徴の一つです。

画面右の上から、4つ目に並ぶ矢印をタップし、「動画を保存」を選択することにより、端末に動画をダウンロードすることができます。ただし、投稿者が許可している場合にのみ、動画が保存できるようになっています。

参照 URL: https://www.tiktok.com/ja/

米国のTikTok問題について

米国のTikTok問題について

さてTikTokが、にわかに脚光を浴びた背景には、米国のTikTok問題が真っ先に挙げられます。しかし、米国のTikTok問題がどのようなものであるのか、あまりご存じない方も多いのではないでしょうか。

TikTokは、中国のByteDance社が運営する、動画SNSサービスの事です。同じようなサービスは、世界各国で提供されていますが、なぜTikTokのみが攻撃を受けたのでしょう。先日、アメリカのTikTok事業は、対米外国投資委員会により、強制売却の支持を受けました。

また、そうした流れで、トランプ米大統領による、TikTok禁止発言は記憶に新しいのではないでしょうか。対米外国投資委員会は、CFIUSと略称される機関で、米国政府の省庁間委員会です。

主な業務は、米国の企業や事業への外国の直接投資など、国家安全保障への影響を検討する委員会として設立されました。今回のTikTokの調査では、米国への投資に国家安全保障上の問題がないかを審査するもので、利用者の個人情報が、中国政府に悪用される恐れがある指摘されたことから始まります。

結果的には、現地の裁判所が、これを一時的に差し止める命令を出したことを受け、アプリ利用禁止措置が当面のところ、見送られる事となりました。

ですが、TikTok問題の背景は、もっと根深いものがありました。それは、TikTokによる情報規制問題です。中国には、天安門事件以来、チベット独立問題や法輪功/香港デモ騒動など、政治的に敏感だと見なされたコンテンツが、検閲対象になっているのではないかという懸念です。

実際に、TikTokの親会社である中国ByteDance社は、そうした関連動画に対して、一定のガイドラインを設けていったことが知られています。さらに、その背景には、貿易や技術移転をめぐる米中対立が、あることも指摘されています。

こうした問題は、ファーウェイ問題にも直結しているもので、いわばIT技術の主導権を中国が握ることを、警戒していることが私たちにもよくわかります。

TikTokが、脅威とされる背景には、コロナウイルスによるパンデミックス下において、爆発的なダウンロード数を見せたことにもよります。

再生数の最も多い国はインドで6億1100万回、次いで中国の1億9660万件、アメリカの1億6500万と続きます。これまでの累計で、20億回以上もダウンロードされていると見られていることから、アメリカ発祥のFacebookが、TikTokを批判攻撃するのもわかる気がします。

結局のところ、足元の市場が中国企業によって、取り崩されているもどかしさが、こうしたTikTokの大きな起因となっています。

Windows 10で簡単に見られるTikTok

政治的な背景は別にして、新たなコンテンツとしてTikTokが楽しいのは間違いのない事実です。最近では、YouTubeからTikTokに移行される方も多く、芸能人などが投稿したTikTokも楽しめるようになってきました。

スマートフォンアプリで、気楽に楽しめるTikTokは、新たな可能性を秘めたコンテンツである事は、否定しようのない存在として受け入れられいます。若年層に大人気のTikTokですが、実は WindowsやMacでも閲覧することが可能です。

なぜ、パソコンでTikTokかといえば、スマートフォンとは異なり、大画面で見る事ができるからです。またパソコンの映像は、画素数が高いということもあり、綺麗な画像でTikTokを閲覧できるのも大きな強みです。

手慣れたマウス一つで、操作することができるのも、パソコンならではと言えるでしょう。そこで、TikTokをWindows 10で、簡単に見られる方法をこちらでご紹介しておきましょう。無料でダウンロードできますので、課金などの心配も不要です。

【ダウンロード方法】

  1. まずは、スタートボタンから、Microsoft Storeを起動させます。
  2. 上部に検索テキストボックスがありますので、「TikTok」と入力して検索を行いましょう。
  3. 表示されたアプリの中で、「7 Tik」を見つけてクリックします。
  4. 「インストール」をクリックしたら、ダウンロードが始まりますのでそのままお待ちください。
  5. ダウンロードが終了したら、スタートボタンの中に、新しいアイコンが追加されていることを確認したらすべて完了です。

後はスタートボタンから、7 Tikのアイコンをクリックするだけで、起動しますので自由にTikTokをお楽しみいただけます。

古い機種などのスマートフォンもお使いの方は、このようにパソコンでTikTokを利用することをおススメします。パソコンは、高性能で動画再生もスムーズに行え、マウスでの操作も簡単です。パソコンでも動画が重いという方は、メモリーの増設をお勧めします。

パソコンと、スマートフォンの相性はとても良く、データの共有も自在に行うことができます。ただし、TikTokのアプリ機能である編集機能は使えませんので、編集する際にはTikTokのアプリで行うことになります。

参照 URL: https://www.orangeitems.com/entry/2019/01/20/173613

ミラーリングでTikTokをパソコンで見る方法

ミラーリング機能は、あるサイトと同じ情報を閲覧できるようにするもので、本来スマートフォンのアプリであるTikTokを、パソコンで閲覧することができます。

今回ご紹介するのは、ApowerMirrorとLetsView、そしてPC版Tik Tokのミラーリングを利用し、パソコンでTikTokを閲覧する方法です。

【ApowerMirror】

ApowerMirrorは、Apowersoft社が開発したミラーリング用のソフトです。スマートフォンなどのモバイル画面を、パソコンのディスプレーに表示することができます。AndroidやiPhoneでも利用可能で、WindowsやMacなどのパソコンにキャスト可能なミラーリングソフトウェアです。

https://www.apowersoft.jp/phone-mirror

・Android

まず、AndroidデバイスのUSBデバッグを有効にし、パソコンとスマホをUSBケーブルでつなげます。次に、スマホにダイアログがポップアップしたら、今すぐ開始をタップしてミラーリングを始めましょう。

また、Wi-Fi経由でも、ミラーリングを行うことができます。USB接続で、PCから制御する機能を有効にすれば、スマホをマウスとキーボードでコントロールすることができます。このままでも利用できますが、Androidデバイスの音声は、PCにキャストできないため、Google Homeというアプリを利用します。

・iPhone

iPhoneとパソコンのミラーリングは、Wi-Fiネットワークを介して行います。同じ、Wi-Fiネットワークであることを確認したら、ApowerMirrorアプリの青い「M」ボタンをタップします。

この時、デバイスが検出されますので、該当するパソコンを選択し、さらにスマホ画面ミラーリングを選択します。次に、コントロールセンターを開き、画面ミラーリングをタップした後、「Apowersoft」のついた自分のパソコン名を選択すれば完了です。

【LetsView】

https://letsview.com/jp/

・Android

スマホと、パソコン両方を個別に、公式サイトからLetsViewをダウンロードしておきます。スマホからLetsViewを起動し、画面にある「LetsView」が付いたPCの名前を選び、今すぐ開始を選択して完了です。

・iPhone

LetsViewのインストールには、スマホとパソコンを、同じWi-Fiネットワークに接続しておく必要があります。最初に、スマホとパソコンそれぞれ、LetsViewをダウンロードしておきます。次に、iPhoneからコントロールセンターを開き、画面にミラーリングを選んだあと、「LetsView+PCの名前」を選択します。

【Nox App Player】

https://jp.bignox.com/

こちらは、Androidエミュレータを使用し、パソコンでTik Tokアプリを作動させる方法です。ご自分のスマホと同様に、パソコン上でAndroid OSを作動させることが可能です。

Google Playから入手すれば、ほかのアプリも利用可能となります。強力なバーチャルデバイスですが、ある程度PCのスペックが要求されますのでご注意ください。

まず、公式サイトから、Nox App Playerのインストールを行います。次に、インストールしたブルスタを起動した後、Googleアカウントでログインしましょう。後は、Google Playストアアプリを開き、Tik Tokを検索してインストールしたら完了です。

ビジネスでも活用可能なTikTokの可能性

IT分野の新たなコンテンツの一つとして、TikTokはビジネスの面でも、大きな注目を集めています。ショートビデオプラットフォームとして、そして最新のトレンドとして、また新たなコンテンツとして、TikTokは大きな可能性を秘めていると言えるでしょう。

実際に、ウォルマートやバスケットのNBAなど、ビジネスで活用する企業や団体もあり、この機を逃すまいと、ビジネスにTikTokを活用する企業は増えてきています。日本での人気もうなぎ登りで、2018年の新語・流行語大賞で、「TikTok」がノミネートされていたことをご存の方も多いことでしょう。

実際に無料アプリの分野でも、TikTokが1位をおさえ、その人気はとどまる事を知りません。TikTokの人気の秘密には、同じように動画サイトとして注目される、YouTubeとは一線を画している点が挙げられます。

YouTubeの場合、面白い動画は注目されますが、再生時間があまり長過ぎてしまうのも飽きてしまいます。TikTokの場合、ショートムービーである為、ちょっとした時間を利用して閲覧でき、誰しもが見やすくあきないのが特徴です。TikTokが、ビジネスとして注目されるのは、ユーザー数が多いということが、真っ先に挙げられます。

マーケティングにおいて、ユーザー数が多いことは、それだけ顧客の確保につながるからです。事実、TikTokを閲覧された方ならお分かりのように、「いいね」が100万を超えるような動画は当たり前にみることができます。

TikTokは無料で利用できますので、コストがかからないのも、大きなメリットです。TikTokのユーザーたちは、テレビやラジオなどの垂れ流しの情報ではなく、自らが見たい動画を探してみています。

つまり、受動的ではなく、能動的にTikTokを利用しているため、人気の動画は話題性が高くなります。現在、様々なSNSも人気ですが、フェイスブックやインスタグラム、ツイッターなどのように、高速スクロールで見逃すこともありません。

TikTokは、オリジナル動画を楽しめるほか、フルスクリーンで表示されますので、集中してみることができます。

逆に言えば、ビジネスに際して、ユーザーを集めやすいと言えるでしょう。TikTokにビジネスチャンスがある理由には、いまだTikTokをビジネスで、活用する企業が少ないということが挙げられます。

どの商売にも言える事ですが、これまでにないビジネスを始め、これが当たった場合、大きな富を上げています。TikTokは、スマートフォンがあり、アカウントさえ作成すれば無料で利用でき、動画の編集や音楽などの組み合わせも自由です。

ビジネスの活用が少ない、今こそが最大のビックビジネスのチャンスと言えるでしょう。

TikTokビジネスの基礎知識とは

TikTokは、15秒から30秒といったショートムービーの動画サイトである為、プロモーションやマーケティングをするには、適したコンテンツといえます。

ただし、ビジネスとしては、ただやみくもにTikTokを利用するだけでは、必ずしも成功に導くとは限りません。TikTokでビジネスを考えた場合、どのような事ができるのか、そしてその可能性を発見するためにも、基礎知識というものが必要となってきます。

そこでまず、TikTokの基礎知識から学んでいくことをお勧めします。また、コンテンツを提供する側からの視点と、視聴者側から見る視点とに分けて、それぞれの観点でTikTokの基本情報を見ていきましょう。

【投稿者から見るTikTokの基礎知識】

『動画の時間が15秒と短い』

動画の時間が短いため、インパクトのある印象的な動きが要求されますが、そこがTikTokの魅力です。

『速さを調節しながらの撮影が可能』

「0.5倍速」「2倍速」と、速さを調整して撮影ができますので、アイディア次第で面白動画を撮ることができます。

『動画のアレンジが簡単にできる』

動画の編集機能が付いていますので、誰でも簡単にアレンジすることができます。

『動画全体だけでなく顔や体の加工も可能』

足や手も細く加工でき、いわゆる動画を盛ることができるのが、TikTokの特徴といえます。

【視聴者から見るTikTokの基礎知識】

『15秒or30秒という短さ』

動画の再生時間は、15行から30秒ですので、暇な時間を利用して楽しむことができます。

『通信量制限が圧迫されにくい』

動画自体は短く、通信量制限をあまり気にしなくて楽しめます。

『動画の再生数が多い』

ユーザーが圧倒的に多く、次々と動画がレコメンドされてくる為、適当に楽しむことができる。

『自動再生なので再生する手間が不要』

レコメンドされた動画は、全画面で自動的に再生されますので、いちいちタップする手間を必要としません。

TikTokのビジネスチャンスはここにある

【ハッシュタグチャレンジ】

SNSではおなじみのハッシュタグですが、TikTokにはハッシュタグチャレンジという、オリジナルの広告の仕組みがあるのをご存じでしょうか。ハッシュタグチャレンジとは、TikTok内でのみ採用されている、ユーザーに企業コンテンツの作成及び、投稿を促す広告の事を指しています。

これだけでは、いまいちその仕組みがわかりませんので、さらに詳しく説明していきましょう。ハッシュタグチャレンジは、企業が出すネイティブ広告の事で、カスタム広告の一種です。

#チャレンジ/#Challenge/タグチャレとも呼ばれ、ハッシュタグを企業や賞品など独自に設定しておき、その再生数を増やすことにより、ブランドや賞品の認知を伸ばすという、目的の広告プロダクトを持っているものです。

ハッシュタグチャレンジには、4つのタイプがありますので、それぞれを簡単にご紹介しておきましょう。

『スタンダードハッシュタグチャレンジ』

上記で述べた通常のハッシュタグチャレンジで、#Challengeなどで表記されます。TikTok広告の看板メニューで、一番人気の高い広告プロダクトです。

『ハッシュタグチャレンジプラス』

ブランドコミュニケーションを加えた、ハッシュタグチャレンジの事を指し、#Challenge Plusと表記されます。スタンダードに比べると、ブランド認知度向上力が高いのが特徴です。

『バトルハッシュタグチャレンジ』

2つのハッシュタグを対戦させることが、ハッシュタグチャレンジの目的となります。特徴としては、競争が生まれるという事もあり、より多くのユーザーから興味を獲得できます。

また、スタンダードと比べても、拡散力やチャレンジ参加率が高いのも、このバトルハッシュタグチャレンジの特徴で、Battle #Challengeと表記されます。

『ベーシックハッシュタグチャレンジ』

いわば、格安のハッシュタグチャレンジと言えるもので、Basic #Challengeと表記されます。インプレッション数が少ないため、スタンダードと比べると、参加ユーザーが少ないのが難点です。

【キャンペーンの存在】

先に説明したハッシュタグチャレンジとは別に、またハッシュタグチャレンジと連携して、キャンペーンを行うことも可能です。このキャンペーンは、通常TikTok運営会社に広告費用を支払に、キャンペーンの実施を促すものです。

しかし、これから紹介する条件におおよそ合致していれば、広告費用0円でキャンペーンを行うことができます。ただし、あくまでも現状という意味で、先々仕様が変わる可能性も否定できません。

  • tiktokアカウントを、広告主企業が保有していること。
  • 広告主企業がDM対応などに精通していること。
  • 広告主企業が動画の傾向を把握していること。
  • tiktokで流行する動画が撮影可能な、tiktokerを広告主企業が抱えていること。
  • tiktokで使用できる楽曲を、広告主企業が保有していること。
  • 広告主企業が、独自のダンスの歌詞と振り付けを制作し、tiktokで投稿するできること。
  • 広告主企業が、ユーザーを吸い上げる動線を設計し、運用に落とし込めるノウハウを持ち、tiktokで自社動画を再生したり真似して動画投稿できること。

tiktokにとっては、広告費用が払われないことになりますが、新しいコンテンツが充実することにより、運営会社のメリットも大きくなるはずです。

参照 URL: https://marketeen.net/archives/546

まとめ

いかがでしたか ? これまでの解説と説明で、TikTokはビジネスの場面でも活用可能なのが、かなりくわしくお分かりいただけたかと存じます。

現在、TikTokのビジネス活用は、ほんの一握りにしか過ぎず、まだまだ入り込める余地は十分にあります。また、ライバルが少ない今だからこそ、ビジネス化できるチャンスだとも言えるでしょう。

現代は、ITビジネスが主流となってきています。起業家として、こうしたTikTokによるビジネス活用は、会社のことを知ってもらう上でも、商品の販路を広げる為にもきっと役立つはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました