今すぐ始められる、短期集中で稼げる仕事を徹底検証!

今すぐ始められる、短期集中で稼げる仕事を徹底検証! コラム
今すぐ始められる、短期集中で稼げる仕事を徹底検証!

この記事でわかるポイント

  • 起業資金を貯めるならすぐ始められる仕事は意外に多い
  • 在宅でできる仕事はこんなにある
  • 資格なしでも今すぐ始められる

新型コロナウイルスの収束は、いまだめどが立たない状況ですが、今や世界的な経済のダメージが伝えられています。このような状況で、私たち日本人も、日常生活に大きな変化が訪れています。

働き方の変化もその一つで、様々なコロナ対策のなか、在宅勤務を行うサラリーマンも増えてきました。そんな離職者も増えている状況下、在宅ワークがひそかに注目を集めています。

また、こんな時代だからこそ、起業をお考えの方も少なくありません。起業する為にはまずは資金面、短期で稼げる仕事は以外に多いものです。

そこで今回は、今すぐ始められる、短期集中で稼げる仕事として、誰でも在宅でできるビジネスをいくつかご紹介していきます。ご家庭の主婦でも起業を視野に入れた、気軽に始められるビジネスもあり、このような時期を乗り切るためにも、副業としてだけではなく、起業する事も視野に入れておくべきです。

在宅でもできる人気のビジネス

無さそうで、意外とあるのが、在宅でも可能なビジネスの数々です。実は在宅でできる仕事には、大きく三つに分けられることをご存じでしょうか。

まず、正社員やバイトとして、在宅勤務するという方法です。意外に思われるかもしれませんが、政府のすすめる働き改革を、ご存じの方はお分かりのように、わざわざ会社で勤務しなくとも、自宅でもできる仕事や職種は意外と多いものです。

次にいわゆる、自由業に分類されるものですが、フリーランスあるいは、業務委託として仕事を受注するといった方法です。自由業といえば、聞こえが良いものですが、一昔前までは、ある程度のスキルを身に着けていなければ難しかった分野です。

三つ目は、個人で事業を立ち上げる個人事業主です。いわゆる、単身で起業あるいは、開業するといった方法ですが、フリーランスのような職種以外にも、さらに自由度が高く、幅が広いのが個人事業主の強みです。

ここまでの話しで、かなり気になってきたといった方も、意外と多いのではないでしょうか。わざわざ会社に出向くことなく、自宅でできる仕事は、ある意味魅力的と感じる方も多いと存じます。

では具体的に、自宅でできる仕事には、どのようなものがあるのかを説明しましょう。先に述べた通り、在宅ビジネスのタイプは、三つに分けることができますので、それぞれ個別にご紹介していきます。

【正社員 or アルバイト】

『プログラマー』

プログラマーは、コンピューターを動かすためのプログラム言語を用いて、様々なシステムの構築及び、ソフトウェアを作る仕事のことです。

最近では、在宅プログラマーの募集も増えつつあり、スキルを身に着けているあなたなら、十分稼ぐことのできる職種といえます。雇用形態は違えども、本業の開発作業や自分の担当箇所を在宅で行う事になります。

ご存じのとおり、最近では、チャットツール及び、クラウドサービスも普及していますので、コーディング以外のコミュニケーションも、オンラインでのリモートワークも可能になりました。

『ITエンジニア』

IT界の花形といえば、真っ先に挙げられるのがこの職業です。いわゆる、情報技術 (IT)の分野に携わるエンジニアの事で、技術屋とも呼ばれています。ITエンジニアといっても、実際にはかなり幅広い業種にわたり活躍する職業です。

IT業界であることは間違いありませんが、IT技術や建築技術、自動車技術などの産業で多くのエンジニアが働いています。例えば、私たちの身の回りには、自動車や家電製品やパソコンまたは電子端末などは身近な存在です。

また、Webサービスなどの開発/製作にも、欠かすことのできないのがWebエンジニアです。職種によっては、プログラマーと同様にテレワークが可能です。

『Webデザイナー』

Webデザイナーと似た職種に、Webエンジニアがいます。Webエンジニアは、システムなど目に見えない部分の開発を行うのに対して、Webデザイナーは、サイトの画面及びwebアプリケーションの入力画面など、目に見える部分を作成するのを旨とする職種です。

いわゆるゲーム界では、花形Webデザイナーともてはやされることもある為、IT関連でも人気の職業となっています。仕事内容は、企画とwebサイトの設計及び、デザインやコーディング作業が中心となりますので、こちらもテレワークに向いた職業と言えるでしょう。

『映像 or 動画クリエイター』

日本の漫画やアニメは、今や世界的な規模で人気を博しており、特にアニメーションの分野では、日本アニメーションといったカテゴリが確立されています。動画クリエイターは、そんなアニメーションを含む映像及び動画制作 & 編集のことです。

とはいえ、その業種も幅広く、世界的にも人気のアニメーションや映画だけではなく、テレビ番組/CM/ミュージックビデオ/Webコンテンツ/ゲームなど、多岐にわたるのもこの業種の特徴と言えるでしょう。

また、映像クリエイターの職種は、大きく分けて制作系と技術系に分けることができます。この業界は、今や世界的な規模で拡大しつつあり、若者たちの人気の業種となっていますので、もう少し詳しくご紹介しておきましょう。

 

制作系

  • プロデューサー
  • ディレクター
  • アシスタントディレクター

技術系

  • 編集オペレーター
  • CGクリエイター
  • 音声

映像 or 動画クリエイターも、日本のモノづくりに携わる業種で、一昔前までは作画やアニメーターなど、そのほとんどが手作業が主流でした。

しかし現在では、アニメーションソフトや作画ソフト、CGグラフィックなど、コンピュータ処理されることが多く、作画や編集作業もテレワークで可能となっています。

『カスタマーサポート』

皆様の中でも、家電製品やスマートフォンなどの電子機器など、様々な提供サービスの中で、疑問や問い合わせをされた経験のある方は、いらっしゃるのではないでしょうか。

カスタマーサポートは、現在サービス提供中である顧客から、電話や電子メールなどの問合せに対応する仕事です。仕事の内容としては、電話およびメールで、お問い合わせや苦情などを受け付ける業務となります。

また、会社によっては、電話受け付けや販売促進を行うケースもあります。誰でも簡単にできそうですが、必要な応対やビジネスマナーが必要で、製品やサービスに関する知識も必要となります。また、どのような質問にも、冷静に対応する必要があり、どの企業も一定の研修が行われるのが常です。

 

参照 URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9E

参照 URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/IT%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2

参照 URL: https://tech-camp.in/note/careerchange/9367/#web-3

【フリーランス or 業務委託】

フリーランスとは、自由業とも呼ばれ、業務委託と同様に企業と契約して働くことを特徴としています。現在は、インターネットの普及と、クラウドソーシングサービスの台頭もあって、取り組み可能な在宅ワークの案件もずいぶんと増えてきました。

ここで注意しておきたいのは、契約形態の違いにより、報酬にはの発生が異なるという点です。契約形態の違いとしては、二通りの契約方法があります。

請負契約

依頼を受けた案件の納品により、初めて報酬が発生する契約

準委任契約

開発業務そのものが実施されていれば、報酬が請求可能な契約

フリーランスと業務委託は、自分一人ですべての作業を行いますので、努力すればするだけ、報酬が跳ね上がる利点があります。会社に縛られず、自らの能力で収入を上げたいという方には、お勧めの働き方と言えるでしょう。フリーランス or 業務委託の職種としては、以下のものが挙げられます。

  • 『Webライター』
  • 『ホームページ制作』
  • 『イラスト作成』
  • 『データ入力』
  • 『アンケートの回答』

本業から、副業にもできる職種もあり、自分の趣味を生かせるという強みもあります。自分の裁量で自由に働けますが、納期がありますので、絶対に落とさないようにしなければなりません。基本的には、成功報酬ということになりますので、予定の納期を過ぎてしまえば、報酬が支払われない可能性もあるからです。

【起業家として独立する】

起業家もフリーランスや業務委託と同様、個人事業主の扱いですが、同じ個人事業主でも起業家の場合、自らが商品の販売やサービスの提供を行うという点で異なります。起業や開業となると、人によっては敷居が高すぎると、尻ごみしてしまうかもしれません。

しかし、スキルや能力があれば、どなたでも起業家として独立できる可能性があります。個人事業主として、在宅ワーク可能なビジネスは、以外にありますのでいくつかご紹介しておきます。

『ブログ運営』

意外に思われるかもしれませんが、趣味のブログではなく、収入を視野に入れたブログ運営も職種の一つです。いわゆる、ブロガーとも呼ばれ、有名なブロガーになれば、それなりの収入を得る事が可能です。

ブログ運営において、収入源になるのがアフィリエイトの存在です。アフィリエイトとは、成功報酬型広告と呼ばれるもので、閲覧者に張り付けたバナーをクリックしてもらい、特定の条件で報酬が発生するシステムのことです。

『YouTuberとして活躍する』

有名なYouTuberともなると、年収が1億円超えることも夢ではありません。実際に、日本のYouTuberでも年収が億超えの方は数えきれないほどで、中には年収が10億円超えるYouTuberも実在します。YouTuberの主な収入源は、再生回数によるものです。仕組みとしては、以下の通り。

  • 企業がYouTubeにお金を支払い、自社製品の宣伝を依頼する。
  • YouTuberは動画を投稿し、同時に広告枠を設定する。
  • 視聴者たちは、YouTube閲覧の際に、動画と同時に広告を見る。
  • 動画の再生回数に応じて、運営会社YouTubeは、YouTuberにお金を分け与える。

つまり、YouTubeは、企業が運営会社YouTubeに広告宣伝料を支払い、YouTubeはその広告宣伝料をYouTuberに支払うというシステムが成り立っているわけです。広告を出す企業側も、サービスや商品のPRができ、間接的に売上につながっているためです。

また、YouTubeの特殊なシステムとして、スーパーチャットを上げることができます。スーパーチャットとは、視聴者がYouTuberに、直接寄付できるシステムのことです。可能性として、スーパーチャットであれば、動画の再生回数いかんにかかわらず、収入を増やしていくことも可能です。

『スキルシェア』

スキルシェアとは、スキルを教えたい人と学びたい人を、マッチングさせるシステムのことです。やり方としては、自分が得意とするスキルをWEB上に掲載し、そのスキルを必要とし、学びたい人とマッチングしてくれるというものです。

収入は、スキルを必要とする方に対して、受講料といった形で報酬を得る事ができます。受講料は自由に設定でき、例えば語学やプログラミング、料理やスポーツなど、かなり幅広い分野で利用可能です。ただし、あくまでも、需要があってのことですので、スキルがあれば何でもというわけにはいきません。

また、在宅ワークとしては、オンライン講座によるサポートがあります。

『せどり & 転売』

せどりと転売は、同じ意味を持つもので、手元にある商品や仕入れた商品を、インターネットなどで販売する事を言います。最近はコロナ渦のなか、マスクやトイレットペーパー・消毒薬などの転売で、政府が転売規制を行ったことをご存じの方も多いかと思います。

こうした悪いイメージとなった転売ですが、転売そのものは違法ではなく、どなたでも自由に行うことができます。簡単な方法としては、掘り出し物などを仕入れ、インターネットオークションなどで販売するといった方法です。

特にスキルなども必要とせず、ノウハウが確立されていますので、誰でもできるといった利点があります。また、多くの資金を必要とせず、副業として行えるほか、単身でできるのも転売の良いところです。

『ハンドメイドの販売』

小物作りなどのスキルをお持ちであれば、そうしたハンドメイドの販売がお勧めです。ハンドメイド販売の良いところは、自分のスキルを生かして、ビジネスに活用できるところです。興味のあるハンドメイドを趣味とし、出来上がった作品を販売する方も多く、アクセサリー関係などは特に人気の商品となります。

種類も豊富ですので、いくつか挙げておきましょう。自分で作品を作れない場合でも問題はありません。起業及び開業し、様々なハンドメイド作品を仕入れ、ハンドメイドショップとして起業することができます。

『アクセサリー類』

ピアス/イヤリング/ネックレス/ブレスレットなど

『衣類』

ワンピース/ズボン/ベビー用スタイ/ペット用の衣服など

『小物グッズ』

スマホケース/ティッシュケース/マスクケース/ペンケース/お弁ケース/メガネケース/ペットボトルカバーなど

素材は、アクセサリー類であれば、金属やプラスチック/水晶などの石類、衣類であれば布生地や毛糸、小物物であれば布生地や皮革生地/アクリル生地など、アイディア次第で何でも利用できます。

小物グッズの利点は、ハンドメイドで何でも作ることができることです。世界に一つのものであれば、それだけ付加価値も高まり、売り上げにつながることになります。

起業家として、役立つスキルや技能には、これまでに紹介した職種以上に幅広いものです。ただし、自宅でできるビジネスは限られています。キーワードは、「インターネット」ですので、ご自分のアイデア次第で、これまでになかったビジネスを展開する事も可能です。

家庭でもできるサイドビジネス

随分と昔の話しになりますが、家庭でもできるサイドビジネスといえば、内職がその定番でした。もちろん、現在でもそうした内職はありますが、以前よりましてご家庭でもできる簡単な仕事は、ずいぶんと増えてきています。特に、資格や技術を要しない仕事も多く、ご家庭の主婦でも簡単にやりこなす事ができます。

『内職』

現在も、広く行われている内職は、種類も豊富でバリエーションも豊かなのが特徴です。初心者でも簡単にできますが、そうした内職は単価が安いので、数をこなす必要があります。

  • シール貼り
  • ポケットティッシュへのチラシ広告入れ
  • 宛名書き
  • ダイレクトメールの封筒入れ
  • 商品の組み立て
  • 袋詰め/箱詰め
  • 値札つけ
  • アクセサリー作り

『データ入力』

データ入力の仕事は、地道にパソコンで文字や数値を入れていく仕事です。キーボード打ちが、得意な方にはお勧めの仕事です。主なデータ入力作業の内容は、以下の三つになります。

  • データ入力を含む事務
  • コールセンターの電話業務を中心として行うデータ入力
  • ExcelやWordによるデータ入力

『アンケートモニター』

アンケートモニターは、企業やメディアまたは自治体などが、アンケート運営会社に依頼する形で行われるものです。モニターになる為には、アンケート運営会社の会員になり、参加する事になります。アンケートモニターのタイプは、以下のような種類があり、中には商品を無料でもらえるものもあります。

  • Webアンケート
  • 郵送アンケート
  • 商品モニター (ホームユーステスト)
  • 会場調査
  • 個別インタビュー(デプスインタビュー)
  • 座談会(グループインタビュー)

『CADオペレーター』

CADとは、コンピューター支援設計を意味するもので、パソコンのソフトとして使われているものです。主に、設計や建築/機械部品などの分野で用いられ、設計や製図を描くのに用いられています。

CADオペレーターは、CADソフトを駆使して図面の修正や調整、作製することが主な仕事です。CADオペレーターとして活躍する為には、CADの基本的な扱い方はもちろんの事、設計や製図の基礎知識が必要となります。設計士やデザイナーの指示でCADを行いますので、専門的な知識は特に必要ありません。

ただし、意図や要望をしっかりと把握し、具現化する技術力と理解力は必須となります。そのためにはコミュニケーション力も必要で、細かい作業のため、集中力や正確さが求められます。

『添削/採点』

テストなどの添削/採点を行うのが、主な仕事となります。最低限、高校レベルの学力は必須条件で、在宅ワーク可能な業種です。〇×形式や記述問題などの採点が主で、大学模試など難易度の高いものであれば高収入が期待できます。

ただし、採点者登録をする際にチェックされ、テストに合格しなければ認められません。現役大学生や、教育関係の仕事に就いていた方であれば、特に問題なくそのスキルを発揮できるでしょう。

『WEBライター』

WEBライターとは、インターネットのサイトなどに、コンテンツとして記事をライティングする仕事です。ライティングとは、読者に対して記事コンテンツを読みやすく、分かりやすい文章の作成を行うものです。

紙媒体と異なり、文章構成など一定の制約があり、特定のキーワードを用いて、ライティングを行うことが多いのが特徴です。報酬は1文字〇円と決められており、単価が高ければ高いほど収入に結び付きます。しかし、単価が高い案件ほど制約も多く、専門的な知識も必要となる場合もあります。

『ハンドメイド販売』

ご自分の趣味で、モノづくりを生かしたビジネスに、ハンドメイド販売があります。委託販売も可能で、品数が少なければ、オークションを利用して売りに出すといった方法もあります。

『文字起こし/テープ起こし』

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、文字起こし/テープ起こしは、もともとは速記からスタートした仕事です。業務の内容は、音声データに対して、無駄な言葉などをはじき、パソコンのWordなどの文書にしていく仕事です。

Wordが使いこなせ、キーボード打ちが得意な方であれば、お勧めの仕事と言えるでしょう。仕事を見つける方法としては、いくつかの登録方法があります。

  • クラウドソーシングに登録して案件を請ける
  • 速記や文字起こしの専門会社に登録
  • 在宅ワークのエージェントに登録
  • 同業者の仲間を見つけ下請けする

『イラストレーター』

最近では、手書きだけではなく、パソコンやスマートフォンのソフトを用いて、イラストを描くことができるようになってきました。こうした絵を描くのが得意な方に、お勧めするのがイラストレーターです。

人気のイラストレーターはともなれば、かなり稼げるのは周知の事実、安定した収入を得る事ができます。副業としてのイラストレーターは、LINEスタンプやストックフォト、イラスト販売なども可能です。

仕事を見つける方法としては、クラウドソーシングに登録し、特定の案件を請ける方法やイラストACにイラストを登録するなど、様々な方法があります。

『英語翻訳/英語通訳』

英語力を生かす仕事であれば、やはり英語翻訳や英語通訳のお仕事が最適です。その中でも、在宅でできるのが英語翻訳お仕事。仕事の内容は、海外掲示板のコメント翻訳などの簡単なものから、金融関連や医療系専門文書の翻訳、または映像翻訳までさまざまです。

英語のスキルは必須条件として、あいまいな表現などをうまく日本語にしていくためには、一定のスキルが必要です。高収入で、定期的に案件を受注することが可能ですが、英語だけではなく日本語の理解力と表現力も重要な要素となります。

仕事を探す方法としては、クラウドソーシングサービスやスキルシェアサービスの利用、翻訳サービス会社などから請け負うといった方法があります。

まとめ

いかがでしたか ? 今すぐ始められるお仕事や、短期集中で稼げる仕事には、在宅でのアルバイトや社員として働くほかにも、副業で収入を得るといった方法があります。必須スキルが必要なものから、どなたでも簡単にできるビジネスまで、様々なものがあります。

また、必要なスキルを身につけていれば、自分で独立し、起業家として活躍する事も可能です。コロナ渦のなか、テレワークは、昨今大いに注目を集めています。スキルのあるなしにかかわらず、ご自分の働き方を今一度、見直されてみてはいかがでしょう。起業する事は、さほど難しいことではありません。

実際に、これまでご紹介したような仕事を副業にして、本格的にビジネスを展開する起業家も少なくありません。まずは副業として、スキルアップに努め、それから起業を行うのも、人生のステップとして求めてみてはいかがでしょう。

また、資格を必要としない簡単な副業から始め、ほかのスキルを徐々に覚えていき、それから起業を考えるといった方法もあります。選択肢を多く持つことで、起業家としての選択肢もおのずと増えていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました