【独立する起業家必見】学歴不問で始められる職種ベスト5

【独立する起業家必見】学歴不問で始められる職種ベスト5 コラム
【独立する起業家必見】学歴不問で始められる職種ベスト5

この記事でわかるポイント

  • 学歴がなくとも起業できる仕事は意外と多い
  • スキルや学歴不問で始められる職種もある
  • 働きながらスキルを磨いて起業する方法も一つの選択肢

最近では、少子化問題や学力低下が問題視されていますが、大学への進学率は意外と高く、2006年以降は男女ともに50%以上が、大学や短期大学への進学を果たしています。不景気と言われつつも、逆にこうした進学率は上がり続け、2019年では男女ともに58%を超える伸び率を見せています。特に、女性の社会進出とともに、女性の大学及び短期大学の進学率はかなりの伸びで、昭和初期投資と比べると、異常なほどの伸び率と言えるでしょう。

しかし一方で、2019年のデータでも、40%以上は高卒以下ということになり、学力格差による収入の低さも指摘されています。しかし社会に出れば、一部の職種以外、学歴はあまり関係ありません。実際に有名な起業家の中には、中卒や高卒といった方も多く、一つのアイデアやヒントから、事業を始めたといった方も少なくありません。今回はこうした状況を踏まえ、学歴不問で始められる職種ベスト5として、いくつかの職種をご紹介します。そのうえで、働きながらスキルを磨いていく方法や、高収入が得られる職業をご紹介してみましょう。これから事業を始めようとされる方には、スキル面資金面とともにきっと役立つはずです。

学歴問題について

現在の日本は、学歴格差社会ともいわれていますが、学歴に応じて格差が生じるのは致し方のないことです。ただし、企業などにおいて、終身的に学歴格差が行われるのは疑問で、社会へと出たらその人物のスキルや能力に応じて、報酬が上乗せされてもよいのではないでしょうか。実際に、とある企業では、能力給を導入する会社もあり、学歴格差社会の弊害を打ち破るものとして期待を集めています。

現代の日本は、こうした学歴問題だけではなく、大きなひずみや格差が広がりつつあります。教育に関して言えば、学歴格差社会を問題視するよりも、学校によって異なる教育格差が、もっと問題視されるべきではないでしょうか。こうした、教育格差や学歴格差は、そのまま個人の収入格差となり、世代を超えて格差が継承されて、固定化されやすい傾向があるとされています。

また、教員の能力低下や様々な問題で、公立学校の教育現場では、教育の崩壊が懸念されています。こうした問題を受け止める親御さんは、ご自分のお子さんたちを私立学校へと通わせることも多く、ここで教育費という格差が新たに生じています。確かに教育が学歴は、重要視されるべきものですが、学歴だけが人間性を決めるものではありません。実際に昭和初期では、男性の大学進学率は10%程度で、女性に至っては3%にも及びませんでした。

現在の大学および、短期大学の進学率は、男女ともにおよそ60%とされていますので、教育の水準は別として、学歴格差社会問題はあまり気にしなくてもよいのではないでしょうか。現在でも職人の世界では、学歴はほとんど重視されません。また、日本の国技である力士たちも、大卒の力士などほとんど見かけません。収入の面でいっても、学歴がなくても高収入が得られる職業もあります。学歴がないと自分を卑下するのではなく、自分の価値観や能力の底上げに努力してこそ、自分の存在感や未来があると知るべきでしょう。

参照 URL: https://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2019/08/08/1419592_1.pdf

学歴や資格を必要としない高収入期待の仕事ベスト5

学歴だけがすべてじゃないなどといわれますが、実際に官僚や大企業の経営者は、有名な大学を卒業した方たちばかりです。教育や医者などの世界も同様に、有名大学出身者が出世するといわれているのも事実です。確かに大学へと進学し、それなりの専門的な知識を学ぶのですから、学歴が重視されるのは当然の事と言えるでしょう。一方で、大学へ行きたくても、進学できない人のいるのも事実です。日本の社会では、学歴格差が存在していますが、学歴だけがすべてじゃないといわれるのは、職種や会社によっては、あまり学歴を必要としない世界もあるからです。そこでこの項では、学歴や資格を必要としない、高収入が期待できる仕事と題して、高収入期待値の高い仕事ベスト5をご紹介していきます。

【第1位 不動産販売の営業】

営業職は、サラリーマンの職業の中でも、人気の職種の一つです。一般の職業と異なるのは、歩合制の給料を導入している会社が多いという点でしょう。歩合制とは、契約の数など、仕事の成果に応じて支払われる報酬の事です。つまり営業職であれば、歩合+固定給が月々の報酬となり、同時にボーナスにも反映されますので、ますますやりがいのある職業と言えるのではないでしょうか。

この営業職の中でも、不動産販売の営業は、高額となりやすい不動産が商品ですので、おのずと報酬のリターンもかなり期待できます。不動産販売の営業マンで、トップクラスになると年収1000万円を超えるともいわれています。高収入が期待できることから、かなりうまみの強い営業職ですが、歩合制を導入している会社によっては、ノルマが厳しいケースも珍しくありません。結果的に、土日も仕事に追われ、顧客の相談にも乗らなければなりませんので、定時で買えるのも難しいのが、この不動産販売営業の特徴と言えるでしょう。

【第2位 漁師】

以外に高収入お得られるのが、漁師の世界といえます。船舶免許と船は必要となりますが、釣果次第では億万長者も夢ではない世界が、この漁師の世界と言えるでしょう。毎年のように、競りでにぎわうマグロの初競りですが、一匹1億円以上と驚きの高値で、正月の恒例行事ともなっています。もちろん初競りですので、普段の価格の参考とすることはできませんが、それでも大型マグロであれば、一匹3,000万円もの高値が付くのもざらです。

一回の漁で、数千万円も稼ぐ可能性があるのも、漁師の醍醐味と言えるでしょう。高級魚はマグロだけではなく、クエや天然フグを始め、単価の高い魚はほかにもいます。もちろん、個人で漁を行うには、漁業組合にも参加しなければなりません。ただ単に、釣りが好きなだけでは、長続きしないのもこの漁師の仕事といえます。漁師といっても、自分で行うのではなく、乗り組み員として船に乗船するという選択肢もあります。10月から、12月の漁期のみに行われるカニ漁、また遠洋漁業に参加するといた方法もあります。

漁獲量にもよりますが、カニ漁の場合であれば月に100万円は確実で、遠洋漁業であれば一般の船員でも、平均年収は600万円から800万円は稼ぎ出すといわれています。さらに経験を積むことにより、年収1000万円以上を手にする人もいます。ただし、カニ漁の場合3カ月間、遠洋漁業の場合は数カ月から1年間、日本に帰ることはできませんので、ある程度の覚悟が必要となってきます。

【第3位 職人】

俗に職人技だとか、匠の技/たたき上げ/業師/腕利き/練達/名匠と、呼ばれることが多いのもこの職人の世界です。一つの技術に秀でており、特に伝統工芸の中で名人と呼ばれる職人の中には、無形文化財や紫綬褒章などの文化勲章をもらう方もいらっしゃいます。また、アメリカのスペースシャトルの部品が、日本の町工場で作られていたという事実を、ご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。職人は、ほとんどどの分野の職種に存在する職業です。

日本のモノ作りを支えているのも、こうした職人たちのおかげで、日本の経済は職人なしでは語れません。職人の場合、数年あるいは、10数年かけて一人前になっていきます。例えば手近なところで、食を支える料理人がいますが、トップクラスになれば、1000万円もの年収も夢ではありません。また、仕事を辞めて、独り立ちするといった選択肢もあり、起業家になり数億もの年収を稼ぎだす実業家も存在します。学歴を必要とせず、一つのスキルを磨き続けるというのも、高収入への道であり人生の生き方です。

【第4位 保険外交員】

意外に知られてはいませんが、保険外交員は保険会社の社員ではなく、保険会社との契約で各種保険サービス契約をとるのが仕事です。個人事業主として、保険外交員をやっている方も多く、トップクラスの保険外交員ともなれば、年収およそ1000万円を超えるともいわれています。ただし、経費のすべては自分持ちで、契約が取れなければ報酬が低いといったデメリットもあります。

【第5位 警察官】

以外に高給取りが多いのが、公務員の世界です。警察官もその一つで、年収の平均はおよそ500万円から800万円とされています。ただし、警察官は階級やクラスに分かれており、昇級するには特定の試験を受ける必要があります。警察官の階級には順に、巡査/巡査部長/警部補/警部/警視/警視正/警視長/警視監/警視総監の順に出世していきます。検察官になるのには学歴は不要で、ちなみに警視まで出世すれば、固定給50万円プラス残業手当など、様々な手当てがあります。

参照 URL: https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/kyuuyo/kyuuyo_jc.html

学歴がなくとも始められる仕事は意外と多い

学歴社会と呼ばれて久しいですが、お隣の韓国では完全な学歴社会化が進み、日本の学歴格差など生ぬるいなどといわれています。確かに、学歴があるに越したことはありませんが、学歴社会がある一方で、学歴など全く関係のない社会があるのも事実です。ここまで、スキルや学歴を必要としない職業ベスト5を紹介しましたが、学歴不要な仕事はまだまだたくさんあります。決して高収入とは言えない職種もありますが、年収もそこそこで、就職するにもあまり敷居が高くないのが特徴です。では、実際にどのような職種があるのか、すべてではありませんが、一般的に知られている職種からいくつか紹介していきます。

【水商売】

容姿にそこそこ自信があるのなら、水商売も就職の選択肢の一つになります。夜の蝶とも揶揄されるホステスですが、男を手玉に取り、ちやほやされる仕事だと思ったら大間違い。銀座のクラブのホステスともなれば、代議士や大物政治家、大企業の経営者や若手実業家など、一流といわれる方を接待する機会も多くなります。当然ながら、コミュニケーション力は必須で、経済新聞やニュースを欠かさないといったホステスも珍しくありません。報酬もかなりよく、月に数100万円を稼ぎ出すホステスも珍しくありません。ただし、水商売といっても幅が広く、キャッチやキャバクラ、New Club /ガールズバー/スナックなどと幅広く、それぞれ報酬の水準も異なってきます。また男性であれば、メンズクラブやホストクラブなどが選択肢となるでしょう。

【公用車の運転手】

意外に世に知られていないのが、年収750万ともいわれる公用車の運転手です。公用車運転手とは、各自治体で雇われている運転手の事で、公務員の職業の一つです。公用車は、公務に使われ為にあり、例えば自治体のお偉いさんや政治家、職員などを乗せるケースがほとんどです。業務は、運転以外にも定例会議や書類業務、時には来賓の接待を任されることもあるようです。とはいえ、基本的には運転手ですので、場合によっては仕事時間のほとんどを、待機で過ごすということもあるようです。また、大企業にもお抱え運転手がおり、役員専属運転手ともなれば、さらに高い報酬も期待できます。

【ソムリエ】

日本でも、かなり認知されてきたソムリエですが、有名になり顔が売れてきて、講演会などが行えるようになれば、年収600万以上も稼ぎ出すといわれています。ワインの本場、イタリアやフランスでは国家資格となっていますが、現在のところ日本では検討されていないようです。ただし、民間資格としては、国内にいくつかの団体があり、認定資格を取得することも可能です。一般的にソムリエは、ワインソムリエのことを指しますが、最近では野菜ソムリエ/お米ソムリエ/日本酒ソムリエ/温泉ソムリエなどの民間資格も存在します。

ただし、ここでご紹介したソムリエとは、一線を画していますので、全く別物として考えた方が無難です。ちなみにソムリエの定義には、アルコール飲料を提供する飲食サービス業従事者を指しています。具体的には飲食サービスからワインや酒類飲料のチョイス、さらに仕入れから管理まで任されるのが常です。また、輸出入や流通及び酒類製造、販売に携わることもあり、教育機関などのマナー講習を行う場合もあります。

【スマホアプリエンジニア】

スマホアプリエンジニアは、iOSやAndroid向けのスマホアプリ開発に携わる仕事のことです。私たちの生活は、インターネット社会により、がらりとその様相も以前より変わってきました。代表的なスマートフォンは、毎日手にしない日がないほど、なじみ深いアイテムの一つとなっています。こうしたスマホは、アプリケーションソフトにより楽しめるもので、アプリの良しあしが、ユーザーの心を射止めるポイントとなっています。

スマホアプリエンジニアの仕事は、要件定義から設計/プログラミングによる開発まで、多岐にわたります。また、アプリが完成しても、動作テストをしっかりと行わなくてはなりません。また、報酬とする為には、アプリストアへの申請が必要で、そのほか運用や保守など、様々な作業をこなす必要もあります。平均年収がおよそ475万円と、高収入とまでは行きませんが、個人で開発及びリリースもできるため、独学で学習してスマホアプリを開発する方もいます。

【ゴミ収集員】

汚れ仕事のイメージが強いゴミ収集員ですが、こうした人たちがいるからこそ、私たちの日常が清潔さに保たれています。そう考えると、様々な職業の中で、重要な要所を締めているのがこの、ゴミ収集員と言えるでしょう。ゴミ収集員には、産業廃棄物運搬業と一般廃棄物運搬業の2種類の仕事があります。以外にも、定職率およそ97%というデータが示しているように、辞める人が出にくく、就職も難しいのがこの業界の特徴です。年収は約500万ですが、就労時間が5時間から6時間と短く、朝出勤すれば昼過ぎに仕事が完了する職場がある程です。時間給に換算すると、以外に高給取りと言える職業で、プライベートの時間が豊富に取れるのも、このゴミ収集員の大きな魅力です。

【パチンコ業界】

コロナの影響を受け、一番にバッシングされたパチンコ業界ですが、特に学歴やスキルを必要としない、比較的簡単に就職しやすい仕事です。以前までは、パチンコ玉の運び作業で、以外に重労働でしたが、最近では貯玉会員カードのおかげで、重労働を科せられることも少なくなりました。パチンコ店員の平均給与は、25万円から28万円といったところですが、リーダーやマネージャー、店長などに昇給していくと、収入もどんどん上がっていく魅力があります。また、以前のように現代パチンコは、釘をいじる必要もありませんので、釘師などのスキルも不要です。就職しやすさからいえば、かなり上位にランクする仕事と言えるでしょう。

【配管工】

配管工は、いわゆる配管の専門家で、水道管やガス管を始め、空調設備などの配管を施工する仕事になります。資格なしで就職可能な職業ですが、しばらく経験を積み、管工事施工管理技士の資格を取ることによって、仕事の幅も随分と広がっていきます。平均年収は、およそ300万円から400万円といったところですが、努力次第で年収を上げていく事も可能です。営業力や経験年数などに左右されますが、資格を取得したり設計や管理ができるようになると、さらに年収はアップしていく強みを持っています。また、独立しやすい職種の一つで、営業力があるのであれば、大きな会社から請負仕事をこなす、あるいはネットビジネスを展開するといった方法もあります。

【ネットビジネス】

ネットビジネスとしては、アフィリエイト関連のブロガーやウエブライター、転売や並行輸入業など、様々なネットビジネスがあります。特に、昨今話題となっているYouTuberの世界は、トップクラスになると年収が億を超えるといわれています。ネットビジネスのよいところは、パソコンやスマートを持ち、インターネット環境さえあれば、どこででもビジネスに活用できるところです。

店舗を必要としませんので、それにかかる家賃や維持費、光熱費や人件費なども不要で、下手をすれば自分一人でできるのも、ネットビジネスの強みと言えます。アイディア次第で、どんな分野のスキルでも、ネットビジネスとして展開できるのも、大きな強みです。例えば、ネット上でスキルを覚え、そのスキルを生かして、クラウドサービスを利用したスキル販売を行うというのも、ネットビジネスならではの可能性の広さと魅力と言えるでしょう。

【宅急便の配送員】

宅急便の配送員は、大手の宅配業者から委託を受け、配送業を行う仕事になります。どの宅配会社に属すかによって、給料は変わってきますが、およそ30万円から50万円くらいが目安です。ただし、歩合制ですので、担当するエリアによっては、さらに稼ぎ出すことも可能です。少し前、残業問題などで、ニュースを騒がせましたが、今回の新型コロナウイルスの影響で、ネットショップを利用する顧客が増えたのが大きな原因です。現在では、こうした問題も緩和されつつありますので、以前ほどきつくてつらい仕事ではなくなってきているようです。

【港湾荷役作業員】

港湾荷役作業員といっても、いまいち聞き慣れない方も多いのではないでしょうか。また、作業員が高収入 ? というのも何だか納得しがたいものがあります。港湾荷役作業員の仕事は、港湾内で船への荷物の積み込みまたは、荷物を降ろしたりする作業が主な仕事です。つまり、貨物の積卸作業全般の荷さばきを行うのが、港湾荷役作業員の仕事というわけです。小さい荷物などは、手作業で行うこともありますが、すべての荷さばきを手作業で行うことはありません。例えば、大型の貨物船などの場合、フォークリフトやトップリフター、クレーン車などの機材を使用して行う場合もあるからです。

【占い師】

少し毛色の変わった職業ですが、人気の占い師ともなれば、年収600万以上を稼ぎ出すともいわれています。東洋の四柱推命から易学や風水/姓名判断、西洋のタロットカード占いから星占いまで、様々なタイプの占い師が混在するのがこの世界です。最近では、インターネットを利用した、占い師も大人気で、それに関連する占いグッズなどの販売も行っています。占いに興味があり、それなりに勉強をする必要はありますが、元手がいらず学歴も必要としませんので、以外に入り込みやすい職業と言えるでしょう。占い師の人気と、収入が比例しますので、セルフブランディングも重要になってきます。

【チャットレディ】

最近求人広告などで、よく見かけるようになったチャットレディですが、どのような仕事をするのか、疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。具体的に言うと、男性との会話を行う仕事ですが、例えばLINEのビデオ通話や、ニコニコ動画のライブチャットのイメージで、会話を楽しむということになります。時給はおよそ1万円から3万円と幅が広く、人気のチャットレディともなれば、月に100万円以上稼ぎだすことも可能です。

チャットレディの需要の高まりは、昨今のコロナ渦の影響も強く、じかに触れ合うこともありませんので、女性にとっても安心して、仕事ができると評判になっています。ジャンルによって、アダルトとノンアダルトジャンルに分かれますが、当然アダルトの方が時給が高くなっています。時間に関係なく、すき間時間を利用できますので、最近は主婦の方でも、チャットレディの仕事をされる方も増えてきています。インターネット環境さえあれば、どなたにでもでき、顧客と親しくなれば、プレゼントといったごほうびもあるようです。

まとめ

いかがでしたか ? 学歴不問で始められる職種ベスト5を中心に、様々な職業をご紹介してまいりました。意外にあるなと感じた方も、多いのではないでしょうか。勉強が嫌で学校を辞めてしまった、あるいは勉強したくとも進学できなかったなど、様々な理由で十分な学歴を得られなかったといた方もいらっしゃいます。しかし、ここにご紹介したように、学歴がなくとも高収入が得られる業種は意外と多く、場合によっては就職してから、スキルを磨くという方法もあります。若ければ若いほど、まだまだ自分の可能性が秘められていることを信じ、まずは自らの力で歩んでいくことをお勧めします。また、ここでご紹介した職業の中には、独立や起業に一見あまり役立たない仕事もあります。しかし、アイディア次第で、起業の可能性は無限に広がっています。実際にこれまでの経験を生かし、ブロガーやYouTuberで年間数千万円稼ぐ起業家たちもいるからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました